退職代行値段の相場を比較・弁護士or退職業者あなたにおすすめは?

退職代行サービスを行う業者7社を比較してみました。

退職できるかどうかで判断するなら全部がおすすめです。

会社に明らかな不利益を与えている等特殊なケースを除けば退職できないということはありません。

「おすすめの退職代行は?」と考えておられる方に値段の相場から具体的な中身の違いをシェアしたいと思います。

退職代行値段の相場を比較・弁護士or退職業者あなたにおすすめは?

※相場(平均)は31400円

業者名 コメント 値段
J-NEXT なんと言っても最安値 20000円(税込)
退職代行SARABA 労働組合が運営する退職代行 27000円
わたしNEXT 女性の退職代行に特化している
アルバイト最安値
アルバイト・パートの方
19,800(税込)(社保未加入)
正社員の方
29,800(税込)
退職代行アルマジロ 行政書士によるサポート アルバイト・パートの方
25000円
正社員・契約社員の方
29800円
男の退職代行 アルバイト最安値 アルバイト・パートの方
19,800(税込)(社保未加入)
正社員・契約社員の方
29,800(税込)
退職代行コンシェルジュ 現在料金キャンペーン中
(終了注意)
30000円(税別)
退職代行サービスのNEXT 弁護士が退職代行を行う
のでそうでない業者に比
べて依頼者が行う手続き
が圧倒的に少ない
30000円(税別)
弁護士法人みやび法律事務所 弁護士が退職代行を行う
のでそうでない業者に比
べて依頼者が行う手続き
が圧倒的に少ない
55000円(税込)

有名な業者を挙げてみました。

選び方のポイントとしては、値段と、代行の手続きを弁護士が行うかどうかで依頼者の負担が変わってきます。

退職代行|退職届・退職金その他手続きの流れ【弁護士にお任せ】
企業対応は全て弁護士がおこないます。違法性ゼロで安心と評判の退職代行ネクストがリーズナブルな料金で代行します。

弁護士が行うのは2社なので必然的に退職代行サービスのNEXT弁護士法人みやび法律事務所

最安値か負担の大小どちらかをとるか?

選ぶのが面倒くさい方はトータルでおすすめの退職代行サービスのNEXTで良いかなと思います。

値段の相場を比較してみて【退職代行サービスのNEXT】をおすすめする理由

 

8社を比較してみてトータルでおすすめできるのは退職代行サービスのNEXTです。

なぜかと言うと、弁護士が行うことで依頼者はほぼ丸投げで退職出来、しかも30000円という値段がはっきり言って破格だからです。

弁護士が行う場合とそうでない場合の違い|退職届

自分でやるのがちょっと面倒くさいなってことについて少しだけ。


退職届の提出は郵送で行なうので会社に出向く必要はありません。

ただし、退職代行を利用した際に退職届の作成まで引き受けてくれるのは弁護士が行うものに限られます。

弁護士以外の業者は退職届の作成を代行する資格がそもそもないんですね。

「書類作成業務」の資格を持たない人が営利目的にそれらの依頼を引き受けると非弁行為(弁護士法違反)となる恐れがあります。

【退職交渉の代行】弁護士法違反【トラブル】非弁行為とは?
企業対応は全て弁護士がおこないます。違法性ゼロで安心と評判の退職代行ネクストがリーズナブルな料金で代行します。

弁護士が行う場合とそうでない場合の違い|会社に退職を拒まれた場合

代行業者に対して会社が「退職を待って欲しい。」「引き継ぎをして欲しい。」と言ってきたらどうなるのでしょうか?

こういった場合弁護士以外が具体的な交渉をすると非弁行為といって弁護士法に抵触するリスクが高まります。

つまり弁護士以外の業者が会社に対して出来ることは「本人は会社を辞めたいと言っている。」と伝えることのみなんですね。

弁護士が行う場合とそうでない場合の違い|値段

大事なところなのでしつこく言わせてもらいます、すいません。

30000円で弁護士が全ての手続きをやってくれるのは他にはないです。

退職代行サービスも飽和期に入ったということなんでしょうか・・・?

退職代行サービスのNEXT【supported by 豊楽法律事務所】

退職代行サービスのNEXTの具体的な流れ

Step1:無料相談

まずは今現在あなたが置かれている状況をこちらが把握する必要がある為

  • 電話
  • メール
  • LINE
  • 公式サイトの問い合わせフォーム

いづれかの方法で連絡を取って頂きます。これに関しましては料金は発生致しません

Step2:お振込み
相談内容に納得して頂けたら退職代行費用を指定の口座にお振込み下さい。
Step3:3委任契約書締結
メール、もしくはLINEで『委任契約書』等をこちらから送らせていただきます。
送った文面上で契約書にサインが出来るのでお手を煩わせることはありません。
この手続きで委任契約が完了となります。
Step4:退職代行の実施
お客様が指定された日付お勤めされていた会社に対して退職代行が行なわれます。
Step5:退職完了
退職に関する資料が全て揃った時点で全ての手続きが完了となります。

まとめ

退職代行サービスの比較からおすすめのその具体的な理由について紹介させてもらいました。

退職しづらい、出来ない等の悩みがある方は無料相談で一旦自分が置かれている状況を弁護士さんに話してみるのも良いかもです(無料ですから)。

以上読んで頂いてありがとうございました。

1日も早くスッキリした気分になれることを祈ってます。

 

退職代行サービスのNEXT

 

弁護士が行う退職代行サービス|リーズナブルなお値段でおすすめ