退職代行の口コミ・ツイッター・ニュースにあるトラブルの中身とは?

 

Twitterで『退職代行サービス』で

検索してみました。

 

宣伝等は省き、実際に利用した方のものや為になるであろうツイートをまとめて補足していきたいと思います。

退職代行サービスの口コミと評判・ツイッターから

話題となっている #退職代行サービス
利用者の増加に伴い代行業者も増え、トラブルも発生しています。
サービスの提供者・内容をよく調べずに(あるいは理解できないまま)安易に退職代行サービスを利用すると、お金の無駄になることが多いのでおすすめできません。
退職代行サービスを株式会社●●○〇にお願いしたが、本当に当事者の退職を伝えるだけなんだな。その後送られてきた退職届、離任状もjpg形式でPCで編集する際は1から書き直さないといけない、おまけにテンプレートの内容は中学生が書いたか疑うぐらいひどいもの。
明日から会社を辞めるのを悩んでいるなら、もう退職するのが本人と会社にとって一番良い。
でも、明日から出社しないと伝えるのは本人だと難しい。。。
そんな時は、退職代行サービスに相談をすると解決できる。
仕事が精神的にきつい…
鬱病かも…
明日、仕事に行けないくらいしんどい…本当に無理しないでください。体調が一番です。
『退職代行』という救世主的サービスも登場しており、決明日にでも仕事を辞める事はできます。
話題となっている #退職代行サービス
利用者の増加に伴い、代行業者も増え、トラブルも発生しています。利用する場合は、せっかく依頼したのに失敗しないようポイントを抑えておきましょう。退職後の生活費は #失業保険 がいくらもらえるか確認しておけると安心です。
自分の会社がブラックだと思ったら即辞める。
転職はハロワや求人広告ではなく転職エージェントを使う。
時間があれば自分のスキルを磨いてスキルアップをする。これだけでもホワイト企業へ入れる可能性は格段にアップします。
退職代行サービスってそんなに良いのかな
カジノ全然かんけーねぇけど、
今日ハロワ行ったら新規登録者でごった返してたわ
年末で仕事辞めちまう人多いんだな…
退職代行サービスも流行ってるみてぇだし、辞めるハードルどんどん下がってんな
退職代行サービスって結構いい値段取るんだな。このサービスに初めに目つけた人凄いよね。この会社名EXITと明日から会社に行かなくてもOK!という軽いノリは流石にウケるけど

退職代行サービスのツイッターの中身を分析

Twitter上にも退職代行サービスの宣伝がたくさんあり、市民権を得てきたなという印象です。

具体的な問題点をまとめてみると、

  • 利用者の増加に伴い、代行業者も増え、トラブルが発生している。
  • サービスの提供者・内容をよく調べずに(あるいは理解できないまま)安易に退職代行サービスを利用すると、お金の無駄になることがある。
  • 退職代行サービスを株式会社●●○〇にお願いしたが、本当に当事者の退職を伝えるだけだった。
  • 退職届、離任状もjpg形式でPCで編集する際は1から書き直さないといけなかった。
  • 退職届、離任状のテンプレートの内容は中学生が書いたか疑うぐらいひどいものだった。
  • 退職代行サービスって結構いい値段取る。

読み取れることは退職代行サービスを使って退職出来ないというケースは、無いと言えるでしょう。

退職代行サービスに求めること

ただ依頼者からすればそれなりの金額を払っている以上、精神的に負担がかかるようなことを避けたいと思うのは、当たり前のことと言えます。
弁護士が退職代行を行うか否かによって、トラブルが起きることもあるようです。

退職代行サービスの口コミと評判・ネットニュースから

慰留ハラスメントが理由? なぜ、仕事始めを迎えた日から退職代行への依頼が急増するのか?

引用元:FNN PRIMEより
「直撃LIVE グッディ!」1月7日放送分の中から、退職代行サービスの現状弁護士が退職代行業務を行うのに比べ、弁護士資格を持たない業者が行った場合の注意点、実際に起きたトラブルについて書かれています。

引用元:日刊SPA!より
弁護士による退職代行サービスに関わる問題に関する記事で、非弁代行業者(弁護士資格を持たない)に依頼して、トラブルになったケースに言及しています。

引用元:EXCITニュース
現行の退職代行サービス業界の問題点に加え、依頼者がパワハラにより精神的に病んでしまったケースにも言及していて、現状を幅広く分析された良い記事だと感じました。

退職代行サービスの口コミと評判・ニュースの中身を分析

非弁代行業者(弁護士資格を持たない)が行う退職代行サービスの問題点が浮き彫りにされました。

業者の良心の問題では決してなく、ただ依頼された会社に対して行えることに、弁護士とそうでない場合に大きな差があるのは紛れもない事実です。

具体的に知りたい方はこちらから「「非弁行為って?」

問題なし:例外の退職代行サービス

例外として、依頼者が労働組合に加入に新たに加入して会社と交渉を行なう業者があります。詳しく知りたい方はこちらから

退職代行サービスの口コミ|まとめ

ツイッター・ネットニュースで問題とされたのは、弁護士資格を持たない業者が退職代行を行った場合のトラブルについてでした。

(このこと自体は法律的には問題ないとされています)

退職は法律行為

「雇用契約の解除」を代行する際には様々な手続きが必要です。

弁護士が退職代行を行う場合とそうでない場合は、依頼者がやらなければならない手続きの量が変わってきます。

退職後のトラブルについても対応が異なります。

 

退職代行サービスについて詳しく(値段・リスク)知りたい方はこちらから

 

【30000円で弁護士が退職代行】

 

退職代行サービスのNEXTはこちら

 退職代行サービスのNEXT【supported by 豊楽法律事務所】