退職代行使われた会社の本音【迷惑?ずるい?】マナーは守って円満退職

退職代行を使って会社を辞めることは、

  • 会社にとって迷惑?
  • 世間では非常識なこと?
  • 同僚から情けないと思われる?
  • 自分自身が少し感じる罪悪感

結論から言わせてもらうと、全て『ノー』です。

ただ、

  • 会社に迷惑
  • 世間の目
  • 同僚
  • 罪悪感

これらを気にしてしまうことは極々普通、というより常識的な社会人と言えます。

答えは、社会人としてのマナーを守れば良いと言えますね。

  1. 『迷惑をかけられた?』会社側の意見とは
    1. 迷惑というよりは突然すぎるな・・・
      1. 退職代行を使う側が思うこと
      2. 退職代行を使われる側は?
    2. 退職を代行するなんて違法なんじゃないの?
      1. 退職の代行をすることができるのは?
      2. 退職代行が成立する特異な理由
  2. 会社にというより同僚に迷惑なんじゃないだろうか?
      1. 迷惑がかからないのであれば・・・
    1. 同僚から『逃げた』と思われるかな?
      1. 同僚も実は「逃げたい?」
    2. 同僚から『情けない奴だ』と思われる?
      1. 客観的に非常にキツイように映る
  3. 世間では会社に迷惑をかけたと映るだろうか?
    1. 何で退職代行なんて生まれた?
    2. 退職代行を使って会社を辞めることは卑怯なことなのか?
      1. 卑怯なことなんかではない!
    3. 退職代行サービスを使って会社を辞めることはグレーなことと見られてしまう?
  4. 自分自身も迷惑をかける気がして罪悪感がある・・・
      1. 社会の変化
      2. 社会が変化した歴史を尊重しよう
    1. 自分自身が会社を困らせたくはないと思っている
      1. 会社を困らせないために
    2. 退職代行を使って会社を辞めることが恥ずかしいという気持ちがある
      1. 自分で退職するのが「当たり前」という過去の風潮
      2. 本当の意味で「恥ずかしい」のはどっち?
    3. 退職代行を使って会社を辞めるなんて甘えなんじゃ?と自問自答をしてしまう・・・
      1. 自分に甘い人の特徴
      2. 自分に厳しい人もちょっと考えて
      3. 全てスムーズにリセットするなら退職代行サービス
  5. 退職代行を使ったら会社に迷惑?まとめ・マナーは守ろう!
    1. 業務の引き継ぎ等しっかりと
      1. 次へのステップに退職代行サービス

『迷惑をかけられた?』会社側の意見とは

会社側からすれば当然出社してくるであろう社員が、出社しない変わりに退職代行業者から退職するという連絡があれば、戸惑うのは当然と言えるでしょう。

ただ、迷惑というよりは驚きとか当惑という印象が多いようです。

  • ちょっと突然すぎる
  • それって違法なんじゃないの?

このように感じたとしても当たり前ですね。

迷惑というよりは突然すぎるな・・・

退職代行業者から突然、退職希望の電話が入った。

辞める人の立場や仕事内容にもよりますが、色々な記事を見て感じることは、会社側の感覚は、『突然で驚いている』なんですよね。

退職代行を使う側が思うこと

退職代行を使う側は迷惑なんじゃ・・・と感じるのは普通と言えるかもしれません。

退職代行を使われる側は?

ただ実際は突然で驚いているという感覚で、よく考えてみると当たり前。

ただ、辞める側と辞められる側で気持ちのズレがあるのは事実のようです。

退職を代行するなんて違法なんじゃないの?

本人以外が退職の手続きなんて出来るの?違法なんじゃないの?

なんて思う上司や同僚がいるかもしれませんが、退職代行業者が本人の退職手続きを代行することに違法性はありません。

退職の代行をすることができるのは?

弁護士以外がそんなことできるのか?という疑問も、答えは『イエス』

また退職は法律的に認められた権利なので、その権利を使うことを止めることは、誰にも出来ません。

退職代行が成立する特異な理由

違法じゃなければ何やってもいいという訳ではありませんが、コンプライアンス=法令遵守は当たり前の世の中になってきました。

退職代行サービスが成立するのは、コンプライアンスの意識が薄い裏返しなのかもしれませんね。

会社にというより同僚に迷惑なんじゃないだろうか?

二人でしっかりと役割分担して進めてきたプロジェクトこれを、いくら権利があるからといって退職代行業者を使って会社を辞めるということ。

これは、おすすめ出来ませんね。

同僚の人には精神的にも悪影響を与えてしまうことにもなりかねません。

ただ色々な記事を見ていると、直接同僚に迷惑をかけるような段階で、退職代行業者を使って退職するケースはとても少ないです。

引き継ぎをすれば良いのですが、辞めたい時は直ぐにでも辞めたい!ということもあります。

迷惑がかからないのであれば・・・

弁護士が行う退職代行では、引き継ぎ等会社と交渉を代行することができます。

同僚から『逃げた』と思われるかな?

行っている業務内容がとてつもなくキツイもので、あー逃げたと思われるかなぁと心配している人もいるでしょう。

客観的に言わせてもらえば、その職場はブラック企業もしくはそれに近いものと感じてしまいます。

同僚も実は「逃げたい?」

あいつ逃げやがったイコール自分も逃げたいという気持ちが垣間見えます

もしブラック企業だったとしたら、あなたが辞めることが、同僚の退職のきっかけになるかもしれません(あくまで『もし』ですが)

同僚から『情けない奴だ』と思われる?

情けない奴と思われたくないというプライド。

これは辞めることが情けない=辞めない俺(私)は頑張って(我慢)している=我慢しなければならない仕事ということ。

客観的に非常にキツイように映る

第三者目線で見ると、辞めることが情けない仕事は、それはもう辞める側情けないと言っている側も、つらいのは間違いないですね。

情けないやつと言っている側は人を貶めることで正常を保っているのかもしれません。

辞める人間に対して情けないやつという感覚が生まれる職場は、本当に情けない職場ですね。

世間では会社に迷惑をかけたと映るだろうか?

退職代行サービスというものが世間で広く知られているとは言えないのであれば迷惑をかけたと映るかもしれません。

昔は自分で退職届を書いて嫌いな上司に提出し、嫌みを言われたり、考え直す様説得されたりしたのでしょう。

そう、昔はですね。

何で退職代行なんて生まれた?

テレビと新聞がメインでネットは一割位という世代の人は、そんな辞め方迷惑だというかもしれませんが、そんな人たちが退職代行サービスを生むような社会を作ったとも言えるわけで・・・

世間の目は気にしないようにしましょう。

退職代行を使って会社を辞めることは卑怯なことなのか?

世間一般的に、卑怯なこと=ずるいこと】これやると友達無くすし異性にも振られます。

先ほどと同じロジックになってしまいますが、会社を辞めることが卑怯(ずるい)=辞めない俺(私)はずるくない=会社にいる価値はずるくないこととなってしまいます。

卑怯なことなんかではない!

逃げたりするようなずるいことはしない=逃げたくなる会社ということですね。

そんな会社を辞めることが卑怯でしょうか?

本当にいる価値ありますか?その会社に・・・

退職代行サービスを使って会社を辞めることはグレーなことと見られてしまう?

世間一般的に退職代行業者を使って会社を辞めることがあまり広まっていない以上、グレーなことやったな、という目はあるかもしれません。

ただ、そんなグレーなことをさせた会社・そんな手段を取らざるを得なかった=取らせた会社

こっちの方がブラックに近いグレーです。

世間はあなたのことを守ってくれそうですか?

自分自身も迷惑をかける気がして罪悪感がある・・・

罪悪感を拭うことは難しい・・・人が感じる心理をコントロールすることは大変難しいです。

辞めることは悪いことという意識があるのは間違いないですね。

社会の変化

法律も社会も日々進化してきました。

法律的に退職の権利が認められているということは、それが認められない時代があって今があるということです。

社会が変化した歴史を尊重しよう

労働者の権利を勝ち取ってきた歴史があります。

もしかしたら間違っているのは罪悪感を感じている側かもしれません。

労働者の権利を勝ち取ってきた歴史に感謝できれば、罪悪感はなくなるでしょう。

自分自身が会社を困らせたくはないと思っている

困らせたくはないという気持ちはあなたが会社に対して思っていること。

それは常識的な社会人であると言えるでしょう。

会社を困らせないために

会社を困らせない為の手続きをふみましょう。

弁護士が行う退職代行サービスであれば、引き継ぎに関する内容を会社と交渉することができます。

困らせたくはないという気持ちを、弁護士を通じて引き継ぎをすることで、最善の形で実現することができます。

退職代行を使って会社を辞めることが恥ずかしいという気持ちがある

退職代行を使って会社を辞めることが恥ずかしいと感じてしまう・・・

それは我慢して続けること・自分で退職届を出すことが、良いとされる根強い風潮からくるものではないでしょうか?

自分で退職するのが「当たり前」という過去の風潮

恥ずかしいという感情を取り払うのも本当に大変です。

『仕事をするのが当たり前・続けるのが当たり前・辞めるのは恥ずかしいと感じるのが当たり前』

この当たり前というのは誰が言っているのでしょうか?

当たり前なのは辞めたければ辞めれるほうなのは言うまでもありません。

本当の意味で「恥ずかしい」のはどっち?

辞めたければ辞めれることにがあるので退職代行を使うことを考えた。

そのを作った側と比べて、果たしてどっちが恥ずかしいのでしょう?

退職代行を使って会社を辞めるなんて甘えなんじゃ?と自問自答をしてしまう・・・

退職代行業者を使って会社を辞めることが甘えている、つまり「自分で言いに行け」ということなんでしょう。

自分自身を甘い?と自問自答すること位辛いことってそんなにないんじゃないでしょうか?

退職を言いづらい事と、自分を責めることの板挟みは直ぐに止めるべきです。

自分に甘い人の特徴

性格が甘い人であれば、会社を辞める事に対して、そもそも悩んだりしませんよね。

自分に厳しい人もちょっと考えて

社会人としての自覚があるから苦しむという側面があります。

しかし、甘いのでは?と自問自答することで得られるメリットは何もなく、ただ苦しいだけの時間を過ごすだけです。

全てスムーズにリセットするなら退職代行サービス

弁護士が行う退職代行サービスであれば、きちんとした引き継ぎ・持ち物の受け取りや返却等、

退職に伴う手続きを法律的に解決できるので、それはまた、社会人としての責任を果たしたと言っていいと思います。

弁護士が行う退職代行

退職代行を使ったら会社に迷惑?まとめ・マナーは守ろう!

いかがですか?退職代行サービスを使って会社を辞めたからと言って、会社に対して損害を与えるようなことがないのであれば、選択肢として全然アリと納得して頂けたでしょうか?

ただ一つ肝心なことは、退職代行サービスを使って退職すると言っても、最低限のマナーは守りましょう

業務の引き継ぎ等しっかりと

会社の業務内容で引き継ぎが必要なもの、返却が必要なものに関しては、責任を持ってするべきですね。

次へのステップに退職代行サービス

退職代行サービスはたくさんの業者がありますが、

  • 会社には行かずに辞めたいが、引き継ぎしなければならないことがある
  • ブラック企業といってもいいほどの酷い会社だった
  • 弁護士の退職代行サービスがいいけど高そうだ
  • 退職の手続きは、きちんと法律的に解決しておきたい

こんなひどい思いやつらい経験をされた人には、退職代行サービスのネクストをお勧めします。

引き継ぎに関して法律的に詳しく知りたい方は、こちらで解説しています。

退職代行サービスの値段等、詳しい内容についてはこちらをどうぞ。


以上、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

一日も早く、スッキリした気分で生活できるように応援しています。

 

退職代行サービスのNEXT【supported by 豊楽法律事務所】